*

DHA・EPAの一日の摂取量の適量は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/30 未分類, DHA・EPA


魚などに含まれるEPAやDHAは、人間の活動に欠かせない大切な栄養素です。
そのため、普段の食事から効率よく摂る必要があります。
厚生労働省は国民の健康維持を目指した基準において、DHAとEPAの目標摂取量を合わせて1日1gと推奨しています。

EPAとDHAを合わせて1gというと、魚の場合は90g以上となります。
大きめの魚の切り身の場合は、1切れ分を目安とすればわかりやすいでしょう。
刺身を食べる場合は、魚の種類や脂がどれだけのっているかで摂取量は異なります。
脂がよくのっているマグロのトロの場合は2~5切れ、ハマチの場合は3~5切れ程度が目安となるので、最低でもこれくらいは魚を食べるようにしましょう。
脂が多いほどDHAやEPAは多く含まれるので、旬の魚や鮮度がいいものを選ぶことが大切です。

また、加熱すると含有量の一部が流れ出てしまうため、刺身や寿司などなるべく生の状態で食べることが望ましいでしょう。
ただし、魚の種類によっては調理しても十分な含有量を維持できるものもあるので、そういった魚であれば加熱しても問題ありません。

外食する機会が多い人、肉食中心の食生活の人は、特に意識的に魚を食べるようにしたほうがいいでしょう。
魚は特に若い世代の摂取量が少ないため、積極的に食べることが大切です。
あるデータでは30~40代のEPAとDHAの摂取量は0.3gほどと言われており、必要な摂取量を満たしていないことがわかります。
ほかの年代でも不足していることが多いので、まずは魚を食べると言うことを意識することが大切です。

また、女性と比べて男性の摂取量が多いというデータもありますが、これは体の仕組みが関係しているわけではありません。
男性のほうが食事量自体が多いため、そういった結果になっていると考えられます。
十分な量のDHAやEPAを摂取するためには、男女関係なく魚を食べるようにすることが必要だと言えるでしょう。

関連記事

いわしのめぐみの効果・効能・口コミは?

いわしのめぐみとは、富士山の銘水株式会社で取り扱われているタブレットタイプのサプリメント・健康食

記事を読む

DHAやEPAに期待できる主な効果や効能

視力回復 網膜には外から得た視覚情報を正常に脳に認識させる作用があります。 網膜はさまざまな

記事を読む

DHA・EPAサプリ、乳児の脳の発達には有効な報告も有る

DHAは摂取しても知能が高くなるという確証があるわけではありません。 しかし、授乳中の女性がD

記事を読む

血管炎症候群の原因・症状・検査・治療などについて

血管炎症候群(けっかんえんしょうこうぐん)とは、体内に存在するさまざまな血管に炎症が生じ、流れが

記事を読む

魚を積極的に食べてもらいたいものです

昔から日本の食卓には魚が欠かせず、寿司や刺身など生で魚を食べる日本特有の食文化を築いてきました。

記事を読む

AOZA(アオザ)の効果・効能・口コミは?

DHA&EPA+ビタミンDとは、AJINOMOTO健康基盤食品のサプリメント(ソフトカプセルタイ

記事を読む

酵素の色々な効果・効能のまとめ

美肌効果 酵素は美しく若々しいお肌を維持するために欠かせない存在です。 ダイエット目的に酵素

記事を読む

肺吸虫症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

肺吸虫症はその名が示す通り、肺に吸虫類が寄生する病気です。 感染によって引き起こされる症状

記事を読む

IgG4関連疾患の原因

IgG4関連疾患の原因・症状・検査・治療などについて

IgG4関連疾患 どんな病気(概要) IgG4関連疾患(あいじーじーふぉーかんれんしっかん)と

記事を読む

魚、n-3不飽和脂肪酸摂取量と肝がんとの関連について

魚などに含まれるn-3不飽和脂肪の摂取と病気の関連性が、さまざまな機関によって調査されています。

記事を読む

後陣痛の原因・症状・治療・予防

後陣痛(こうじんつう)とは、出産後の子宮で生じる陣痛のような下腹部の痛みのことをいいま

口内炎の原因・症状・治療・予防

口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイルスや細菌、ほこり

たばこ誤飲の原因・症状・治療・予防

誤飲というのは、本来は食べたり飲んだりしてはいけないものを誤って飲み込んでしまう行為の

産褥熱の原因・症状・治療・予防

産褥熱(さんじょくねつ)とは、分娩および分娩の前後に、分娩の際に負った傷から細菌感染を

口腔乾燥症(ドライマウス)の原因・症状・治療・予防

口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウスといいます。 唾

→もっと見る

PAGE TOP ↑